腰痛3

腰椎椎間板ヘルニアというのは、椎間板という背骨の骨と骨の間にある

ゼリー状のクッションが破裂してゼリーが飛び出して神経を圧迫し

痛みを引き起こします

この疾患の原因は椎間板がなぜ破裂したのかです!

椎間板は背骨のクッションです

骨と骨の間の圧力で椎間板は押しつぶされた訳です

 

じゃあ、なる人とならない人がいるのはなぜか?

 

原因は、ずばり筋肉の疲労です!

 

体を支えているのは、骨と筋肉と靭帯です

建物でいうと骨が鉄筋、筋肉がセメント、靭帯がそれぞれの

強度を保つ接着材です。

 

筋肉が弱れば骨への負担が増えていきます

靭帯が伸びたり、切れたり、炎症があると動作ができません

 

椎間板ヘルニアで多いのは筋肉の疲労によって骨に圧力がかかり

椎間板が押しつぶされてしまうことです

 

椎間板ヘルニアをしたことのある方の原因を問診していくと

部活のやりすぎ、重いものを持ちすぎ、介護職で体を持ち上げすぎなど

腰に負担のかかることを続けた結果なっています

 

予防としては、筋肉をほぐす又は強化することによって椎間板ヘルニアの

痛みは解消されます

 

椎間板ヘルニアは痛みを再発します 😥

それは、筋肉の疲労が椎間板に圧力をかけるからです

ほとんどの方が、疲れたときに再発されてます

 

実際に痛みが出た時は筋肉の疲労を取る、骨の歪みを直して骨の圧力を減らす

当院のゆらし系での筋肉のほぐしであれば痛みを感じず施術ができます

また、骨格矯正もソフトなので安心して受けられますよ