「足つぼマッサージ」でお馴染みかと思いますが、

正確には「つぼ」ではなく「反射区」といいます。

分かりやすくするためにあえて「足つぼ」と言っております。

東洋医学では足裏には「湧泉」という経穴(つぼ)しか確認できませんでした。

つまり「足つぼ」のつぼはつぼでなく「反射区」なんです

あまり、細かいと混乱すると思うのですが正確に知っておいたほうが

施術の効果も出るのでお伝えしたいのです。

足底反射療法の便利なのは足裏だけで体の内(内臓)と外(関節・筋肉)の異常を

発見して治療できることです。

効率もいいですし、異常ありは押圧で痛いですし異常なしでは変化無しです。

足底反射①

経験上、患者さんによってもですが日によって異常個所は変わります。

押圧で異常個所を押圧していくうちに痛さが無くなっていきます。

面白いものです。

足底反射療法は、ヨーロッパの医師が治療として行っていたものです。

効果や信頼度はあります。

体を全体的に良くしていくことで健康を維持できますよ。